ふんふふんふふーん、憤怒

このブログはポケモンの構築記事や歌のこと、ゆきの日常など、いろいろ書いていくブログです

囲いと姫が気持ち悪い

どうもこんにちはゆきぽけわーるどです

突然ですが、

 

僕は人を囲う人と囲われる人が大っ嫌いです

 

これは僕に限った話ではなく、あからさまに媚びを売るやつに嫌悪感を抱く人も女に群がるやつらに嫌悪感を抱く人もいると思います。

そこで今回は囲う側の人間と囲われる側(今回は女性に限定)がどのような生き物なのかということと、その生き物をまともな人間にするためにはどうしたらいいかということを書いていこうと思います。

 

 

で、大前提をお話しますと、

Twitterやってる女の99.9%は囲われたいと思っている

ということを念頭に置いておいてください。

そして今からお話しすることはこのような女性たちの中から如何にして当たりを選ぶということにおいて大切になってくることです。

女というワードだけでち〇こがすぐ勃ってしまう陰キャどもは心して聞くように。

 

 

まずは僕の実体験についてお話していきます。

 

興味のない方でも聞いていただけると今後の展開がわかりやすくなるっと思いますので聞いていただけると嬉しいです。

 

僕が初めてネットというものにべっとり触れたのは高校一年生の時。親にスマホを買ってもらってTwitterを始めました。

趣味アカウントを作ったのもそのすぐあとで、ポケモンの対戦や育成に役立つと思い始めました。これが最初のメインアカウントとなる@yuki_poke_worldを作ったきっかけであり、僕がゆきぽけわーるどと名乗ったり呼ばれたりする所以です。

そこでまず僕は「界隈」という言葉を知ることになります。界隈がどういったことなのかは皆さんわかっていることだと思うので説明は省きます。

僕のやっていたポケモンというゲームのいくつかの「界隈」には、少数の女性と多数の男性がで成り立っているところがあります。

 

そのような形態の界隈のにいる女性のほとんどに言えること、それはポケモンを(真面目に)やっていない」ということ。

彼女たちは「ポケモンをやりたい」のではなく、ポケモンをやっていることステータスにしたい」だけなのです。

「界隈」に少数の女性がいる場合、大概はそのメスをオスがちやほやすることでその界隈の命を保っています。

 

そしてこれはスプラトゥーンの世界だともっとひどいことになっているのが現状です

 

 

僕はこの形態が気持ち悪くて仕方がありません

 

 

その女性にポケモンの実力があって、それを尊敬等の念で慕っているならまだわかります。

そんなものを僕は見たことがありません。

そんな「界隈」というものを自分のアイドルマスターシンデレラガールスターライトステージにして自己顕示欲を満たすゴミ女は決まってツイッター

・かまってちゃんツイート

・漢字を使わずひらがなや小文字の多用

・メンヘラツイート

・自撮り(顔はうつさない)

・誰宛てでもない「好きだなぁ」という思わせぶりツイート

等々をすることで界隈の男どもに媚びを売っています。

 

 

ただそうならなくても、いい女性たちもいます

それは

 

何か特殊な才能を持った人たち

純粋にそのコンテンツを楽しんでいて性別の壁を取っ払える人格が備わっている人たち

です。(僕の女性フォロワーさんはみんなこのどちらかに入っているので安心してね)

絵が上手くて絵や漫画を描いている、ゲームなどで秀でているものがある等々そのような人たちは自分から媚びを売り込まなくても勝手に人が寄ってきますし、人格がいい人には自ずと良い仲間が寄ってきます。

だから

何の才能も人格ないくせに努力をしようとしないゴミ

が界隈の囲われる側、いわゆる「姫」となっていくわけです、、、

 

しかしそれは仕方のないことでもあります

なぜなら


ネットではそうしないと女性は男性に混じっていけないから

です

ゲームの世界などは男性の人口のほうが圧倒的に多く、女性がのうのうと入っていくには気まずさや恐怖心があると思います。なので男性たちを味方につけるために媚びを売っていくのは仕方のない部分があると思います。

ならば、なにがこの嫌悪感を醸し出しているのかというと、、、

 

囲っている男ども

 

です。

囲われる側の女性は仕方のない部分もあると擁護しましたが。

このゴミ男たちは救いようがありません。ただのゴミです。いなくなってもらって結構です。オルガイツカでも止まってその場で死ねと言い放つレベルです。

そもそもこいつらの甘えた考えがなければこんなかわいそうな女性を生み出すこともないですし、こんなゴミのような記事も書く必要がないのです。

 

こいつらのゴミな点を書き連ねますと

 

・ネットで媚びを売っている女が異常だとわかっていない

・アイコンを見ただけでその女がかわいいと思い込んでいる

・萌え声を出せる女が全員かわいいものだと思い込んでいる

・そいつのする誰か向けのツイートは全部自分に宛ててのものだと思い込んでいる

・童貞

・その子にリプを送ればその子に好かれると思っている

・童貞

・童貞

・リアルで女性に見向きもされないことをその子で満たそうとしている

・媚びていればいつか結婚できると思っている

・そもそも囲うという行為が周りから気持ち悪いと思われていることすらその子しか見えていないためわからない

・童貞

等々きりがありません

ですが何より一番いけないことは何より

「その姫を甘やかすことがその子にとって一番いいことだと思っている」

ということです。

 

童貞キモオタ非リアゴミどもよく聞け

 

「人が困ってるとき、甘やかしたり同情することは最善の策ではない」

 

例えば、サッカーが下手糞な人間が嘆いているとき、「下手糞でもいいよ」というのが一番正しいわけが無いだろう。お前らがやっていることはそういうことだ。

「ここが間違っているからここをこうしたらよくなるよ」

と間違えを指摘してあげるべきだろう。

 

これをお前らに当てはめると

男性に媚びを売って関係ないやつらを不快な気持ちにさせてる姫でも何でもないブスに「不快にしても僕たちがうれしいからどのやり方でどんどんやっていきな」といっているようなものなのである。

僕のように囲う囲われるの関係が見ていて不快すぎる人間を一人でも無くし、男性とどう絡んでいいかわからないから誤った方法という毒リンゴを食べる道を選んでしまった白雪姫を何とかこちらの世界で生き返らせてあげるためには、

「今のままじゃ人を不快にするからやり方を変えていこう」

というキスをしてあげるべきなのではないのだろうか。

それができるのは、その姫にずっと寄り添ってきた君たちの中で、それが異常だと気付いたそこの君しかいない。

 

君が本当の王子様になりたいのなら、是非実践してみてほしい。

 

姫がわかってくれずに追放されたらそれで大丈夫。

 

君もこちら側の人間に更生できたのだからね。

終わり

 

 

P.S

この考えの歪んだ気持ち悪い記事を書くという毒リンゴを食べてしまった僕の呪いを解くキスをしてくれるお姫様を募集しています。

直接お願いします。直接。